logo

北海道・小樽の出版・編集プロダクション〈ウィルダネス〉のウェブサイト

HOME | 出版物のご案内 | ご購入方法  | 会社案内 | BLOG

出版物のご案内

●小樽散歩案内 ●汽車の走る街、小樽 ●おたる水族館のいきものたち ●鉄道と歩んだ街、小樽(小樽市総合博物館公式ガイドブック)
item13

小樽散歩案内

“地元目線”で街のすみずみまでを案内する、とびきりディープな小樽ガイドブック、待望の最新版がオールカラー版となって新登場。

有名観光地だけでなく、街なかの隠れた見どころまで詳しく紹介するガイドブック。2001年の初版から4回目の改訂となるこの版では全ページをカラー化し、ビジュアルな内容としました。従来からの特色である、歴史やさまざまな雑学にまつわる読み物も豊富に掲載。ページ数も前回版から25%増えて全200ページにボリュームアップ、読み応えたっぷりです。

●A5版(148mm×210mm)本文200ページ ●2014年4月

●定価1,300円+税(税込1,404円)

●書店で取り扱い(ただし常備店は小樽市内の紀伊國屋書店、喜久屋書店のみとなります)

【送料無料でお取り扱い中】

【小樽散歩案内】を弊社通販でお求めの方には、送料無料でお届けいたします。

Amazonでのお取り扱いも始めました。

P89 P2627 P3031
P9091 P134135 P182183

購入ご案内のページへ

汽車の走る街、小樽

JR北海道が復活させた蒸気機関車C11の姿を、小樽市内のさまざまな風景のなかでとらえた写真を1冊にまとめました。

2001年から2014年まで、毎年秋に運転された〈SLニセコ〉号をはじめ、JR北海道のC11型蒸気機関車の姿を集めた写真集。収録した写真は、すべて小樽市内で撮影されたもので市街地、海、山と変化に富んだ風景をバックに走るSLの姿が魅力的です。

 

写真・文/佐藤圭樹

●B5版変型(182mm×182mm)本文64ページ ●2012年8月発刊

●定価1,000円+税(税込1,080円)

【JR北海道商品化許諾済】

●送料(ゆうメール)215円

*複数冊の場合はお問い合わせください。

kisya00

サンプル写真を見る(Blogへ)

item15 item16
item17 item18

購入ご案内のページへ

おたる水族館のいきものたち

おたる水族館で飼育されるさまざまないきものたちの、とっておきの表情や仕草を集めた写真集。

sample1

撮影者・神前和人(こうざき・かずと)さんは、おたる水族館でトドやアザラシなど海獣の世話やトレーニングを担当する飼育員。日頃、動物たちに接している人ならではの視点で、彼らのいきいきとした姿を撮影しています。神前さんの多数の作品のなかから選りすぐった写真を集めました。

前作同様、角川雅俊(つのかわ・まさとし)さん(おたる水族館・獣医師)によるあたたかみのあるイラストを随所に織り込んでいます。

 

●B5版変型(182mm×182mm)本文64ページ

●2013年7月発刊

●定価1,000円+税(税込1,080円)

●送料215円(ゆうメール・複数冊の場合はお問い合わせください)

sample3

こちらからご購入案内の画面にお進みください。

◆当ウェブサイトからご購入の方全員に、オリジナルポストカード(3枚セット・非売品)をもれなくプレゼント中!

写真集本体には載っていない神前さんの写真と、角川さんの描き下ろしイラストの絵ハガキ、3枚セットを差し上げています。

購入ご案内のページへ

鉄道と歩んだ街 小樽 

(小樽市総合博物館公式ガイドブック)

全体を「展示車両編」と「解説編」の2部に分け、前半は車両を詳細に解説、後半では北海道の鉄道の歴史について詳しく説明しています。単に博物館の展示解説に留まらず、北海道の鉄道全般を理解するための解説書となっています。

cover

●おもな内容

●イントロダクション/手宮・北海道の鉄道の歴史が始まった街

【展示車両編】

蒸気機関車(C55 50、C12 6、大勝号) 電気機関車(ED75 501、ED76 509)

ディーゼル機関車(DD51 615、DE10 503、 DD13 611、DD16 17、DD14 323、DD15 37)気動車/客車/貨車 除雪車(ラッセル車、ジョルダン車、ロータリー車、マックレー車) 敷地内を走る、博物館の人気者 アイアンホース号 今に残る明治の機関車庫

現役で働く2つの転車台(ターンテーブル)

◆しづか(7100形)と客車〈い1〉号

解説編】

◆北海道、鉄道の誕生と発展 ◆小樽に鉄道が敷かれるまで ◆トンネルや橋の建設 ◆北海道初の鉄道が開通 ◆手宮〜幌内、全線が開通 ◆幌内鉄道を走った列車 ◆北有社、北海道炭礦鉄道の創業 ◆北海道内に拡がる鉄道網 ◆鉄道の国有化で路線延伸へ ◆小樽市街で繋がった2つの鉄道 ◆手宮高架桟橋

◆【略年表】 小樽と鉄道の歩み

◆鉄道と蒸気機関車 ◆蒸気機関車の発明 ◆日本を走った蒸気機関車たち ◆北海道で活躍した蒸気機関車)◆蒸気機関車が走る仕組み

●A5版(148mm×210mm)本文84ページ

●2013年4月発刊

●定価800円+税(税込864円)

●書店では取り扱っていませんきます)

 

●送料(スマートレター)180円

item5 p1819a
p2021 p3435
p4445 p7475

購入ご案内のページへ

おたる潮まつり 第50回記念誌

昭和42年8月の第1回以来、小樽のまちに欠かせない行事として親しまれてきた〈おたる潮まつり〉。このまつりはどのように始まり、どうやって受け継がれてきたのか─。半世紀の歩みを示す貴重な写真の数かず、さまざまなエピソードを盛り込んだ50回の記録が、1冊の本になりました。

発行=おたる潮まつり実行委員会

編集制作=有限会社ウィルダネス

執筆佐藤圭樹・藤森五月

ushiocover

【主な内容】おたる潮まつり50回の名場面●ポスターに見るおたる潮まつりの歩み●おたる潮まつり誕生物語。潮音頭の歌、踊り、太鼓はどのように作られたのか●インタビュー〈1〉山田勝麿さん(元小樽市長)〈2〉佐藤敬爾さん(元道新記者)●おたる潮まつり、7つの要素(ふれこみとねりこみ、潮音頭と踊り唄、潮太鼓、キャラバンと潮丸進水式、潮わたりと御神水奉納、神輿、花火)●歴代実行委員長座談会(森川正一・山本秀明・西條文雪・斎田義孝・杉江俊太郎の各氏)●おたる潮まつり50回の全記録●主要事項年表

●A4変形210mm×265mm)本文108ページ

●定価1200円+税(税込1296円)

(2016年12月発刊)

 

●送料(レターパック)360円

item22

購入ご案内のページへ

アイアンホース号 (Porter4514)

小樽市総合博物館で動態保存されている蒸気機関車「アイアンホース号」について解説する、コンパクトな冊子です。

この機関車は、北海道初の鉄道で使われた〈義経〉〈弁慶〉などと同じ、アメリカのポーター社によって造られました。1909(明治42)年製造、すでに100年を優に超える車歴をもちながら、現在も小樽市総合博物館敷地内で運転されています。

本書は、このアイアンホース号の来歴、メカニズムなどを詳細に解説。機関庫内における出発前の準備作業や運転操作など、通常では見ることのできない貴重な写真も収録しています。

IH01

●A5版(148mm×210mm)20ページ

2018年6月発刊

 

アイアンホース号」は2017年秋に生じた故障のため、運行を休止、修理を進めています。運転再開は2018年7月下旬の予定。

小樽市総合博物館では、修理費用を一般からの寄付金でまかなうクラウドファンディングを行っています。本書は募金協力者への返礼品として作成されたものです。

本書の市販は、クラウドファンディングが終了する2018年7月末以降に開始する予定です。

クラウドファンディングについては小樽市のウェブサイトをご参照ください。

IH02
IH03
IH05
IH06

その他の出版物

弊社が編集作業を手掛けた出版物のうち現在、市販されているものを紹介いたします。

※弊社では販売の取り扱いはしておりません。

写真で辿る小樽 明治・大正・昭和

発行/北海道新聞社

明治初頭から昭和時代の終焉まで、およそ120年間に小樽で撮られたさまざまな画像を集めた写真集。明治〜戦前の貴重な画像のほか、昭和30〜50年代のなつかしい写真も多数収めています。弊社代表・佐藤圭樹の著作。

写真解説、小樽の歴史にまつわる記事も多数掲載し、読み応えある1冊です。

 

●B5 本文160ページ オールカラー

●北海道内の主要書店で販売中。

北海道新聞社の通販サイトからもご購入いただけます。

●定価2,000円(税別)

tadoruCVR
tadoru1
tadoru3

このページのトップへ


HOME | 出版物のご案内 | ご購入方法 | BLOG